お知らせ

HaritoraXフルトラッキングレビュー

エイクプロの今後の活動を念頭にこの度モーション・トラッキングデバイスの「HaritoraX」を一台購入してみたので使用した感想をつぶやきます。(主にclusterでの動作チェックの感想となります)

価格は27,900円(税込)とモーション・トラッキングデバイスとしては非常に安価。ゲーミングPCとBluetoothで接続して動作するので無線で動き回ることが可能です。

ただ、YouTubeで見る大手VTuberの動きなんかをイメージしているとそれとは大きな違いがあるので要注意。HaritoraXを装着したときのアバターの動きは日常生活の人間の動きとはやはり大きな差があります。

エイクプロのタレントのパフォーマンスでHaritoraXを使うか・・・というと残念ながら難しいかなという印象です。

タレントそれぞれの個性的な動作が反映されず不自然な動きになってしまうくらいなら通常の3点トラッキングのVRヘッドセットまでで十分かと思っています。

※ダンスパフォーマンスとなるとかなり厳しいですね。膝を曲げる動作は認識してくれましたが、膝を回すような動作はほぼ認識してくれませんでした。

使ってみた感じ、HaritoraXの用途としては、

・座りたい
・寝転がりたい
・いろんなポーズで写真を撮りたい(録画したい)

とこのあたりじゃないでしょうか?

ポージングであれば正確に自分の動きを反映できなくても調整しながら近いポーズをとることができるので写真撮影や短い時間の録画の用途であればよいかなと思います。

一方で座りたい、寝転がりたいということであればサービス側で「座る」「寝る」機能があればよいだけなのでこの用途としても少々弱いと思います。

フルトラッキングは現実の動きを再現しようとすればするほど機材(トラッカーやベースステーション)が増え、コストも大きくなってゆくためなかなか普及は難しいかもしれないですね・・・。

もし普及するとすれば、Oculus Quest2専用のトラッキング・デバイス(トラッキングスーツ)が開発されてゲーミングPCやSteamVR不要でフルトラッキングが可能になるか、もしくはスマホのカメラトラッキングで全身の動作を再現可能になるときかもしれません。

現状でフルトラッキングをパフォーマンスで取り入れたいならVIVEトラッカーなどを利用した方がよさそうに思います。

高精度のフルトラッキングはこれだけ敷居が高いのでパフォーマンスする側としては強力な武器となるわけですが、これはまだまだ先の話になりそうです。

以上、HaritoraXの使用レビューでした。

※もしアバターやキャリブレーション設定、サービスによってはちゃんと動くよなどあればコメント頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です